ジオットの一人言

言いたいことを書くジオットのサブブログ

S15 使用構築の経緯 シングル編

シングル 使用構築

初めてガルクレセドランを使ったシーズンでした
自分が見据えていた環境は

殺戮スタン

同系

この2つの構築 またはそれに順ずる並びが1900〜2100帯にかけて蔓延していると思いました そのためこの2つに強くなるようなパーティにしようと思いました

どちらもキノガッサが採用されており1番のメタ対象と思ったため 同系の並びのキノガッサの部分を草食マリルリに変えました
また身代わり持ちの滅びゲンガーも増えておりこちらのパーティに対してガルーラの選出の方が優先されやすかった傾向もありました

ゲンガーでガルーラを処理し裏のマリルリガブリアスで詰めていく立ち回りが上記のパーティを相手していきほとんどこれになりました

・力持ちに見えなくもないので対面厨パなどに選出圧力になる

・信用可能ゲッコウガが増えておりダストシュートの採用が減っていた

キノガッサの不毛な同速勝負を避けたかった

これなどの理由により環境に非常に刺さっていると思いました

マリルリに変えた場合の弊害はメガバンギラスやメガギャラドスといったマイナーよりのポケモンがキツくなる程度と思ったので完全に切りました



選出に関してはパーティを使い慣れていないため
・ガルーラでアドを取りながら裏で詰める
 
・ゲンガーで1:1交換や苦手な相手を処理して裏で詰める

ほぼこの2パターンを想定した選出、立ち回りを徹底しようとしたつもりでいきました

大きく分けて選出パターンは
ガルーラの場合はカバルドンがいた場合
ゲンガーの場合はスイクンがいた場合
とざっくりしたものでした

クレセドランやマリルリの詰め性能
スカーフガブリアスの掃除選出にかなり依存していたといえるような感じでした

クレセドランに関しては2体の詰め性能がやはり強いと思ったため技構成はテンプレに
ガブリアスは意地でガルーラの秘密+不意耐えなどの調整をしている人も多かったですがガルーラガブリアスが対面するような状況にならないようにした立ち回りをしてたためする必要が無く ミラーにSを負けないようにする陽気にしていました

このようにシングルでは環境に対して重点的にメタを貼りにいきました