ジオットの一人言

言いたいことを書くジオットのサブブログ

就活で使った ポケモンをしりとりで例えてみた

まず相手がどこまで対戦ゲームというものを理解してるか?という問題を考えてみました

 

カードゲームを始めとした対戦ゲームを行うプレイヤーならこうしたら自分にアドバンテージが稼げる 有利になるといった考えは結びつきやすいと思います

しかしこれは対戦ゲームをしてきた人の中の常識であり一般人からするとその概念から全く理解できない もしくは理解はしているけど意識したことは無いレベルと思いました

 

そのため誰もがやったことある何か簡単なゲームでその概念を例えてみようと思い しりとり をチョイスしました

 

厳密には異なる点はありますが

しりとりで最後同じ言葉を続ける(ゴール ビールなどのる責めなど)は相手の言葉の選択肢をもんどん減らしていく戦法であり相手を不利にするにする行動です

相手の不利になる行動をする→自分が有利になりアドを稼ぐという発想に近いものと思い置き換えやすいと思いました

 

また る責めが何故使われるのか→強いからその戦法が使われるということもどの対戦ゲームにも共通した概念やアドバンテージの説明のアクセスに便利と思いました

   

 

簡単なまとめの例え

 

ゲームのアドバンテージ

→る責めみたいな相手を不利にするための行動

 

ポケモンの環境

りんご→ゴリラ→ラッパ→パンツ などしりとりに使われやすい流れみたいなこと

 

ポケモンの有利不利や環境メタ

→語彙の多さや知識量で有利不利が分かれてしまうため選択肢を増やしておく

る責めに対してるで始まる単語をいっぱい知っておくとか

 

ポケモンのルール(ダブル トリプル ローテなど)の多さ

→しりとりの何文字縛りや何秒までに答えないとか負けなどゲーム性が変化するもの

 

あくまで対戦ゲームの基礎的な概念が理解出来てなさそうな相手に対する例えして使いました 理解出来てそうな層の場合他のゲームの方が簡単で正確と思います